まずすべての基本となるフォームの完成を目指すべきでしょう。
つま先から利き手の指先までできるだけ無駄な力が入らず、かつダーツのスローに必要な部分のみが自然に動かせるフォームが理想的です。かと言ってイチからフォームを作るとなれば、相当な時間と労力と、もしかしたらコーチのような上級者の力も必要になるかもしれません。

要領よく最適なフォームを作り上げる方法としては、動画投稿サイトなどでプロ選手のフォームをたくさん見ることです。自分のフォームと「何が違うのか」を見極めることが最も大事であり、フォームを完成させる第一歩であると言えます。

有名なスローイング動画をまとめたのはこちら
ダーツの投げ方|動画編|NAVER風にまとめてみた

スポンサーリンク

スローイングの基本と言っても幅広い

例えば「スローラインのどこに立っているのか(左端? 中央? 右端?)」「ブルの直線上に何があるのか(つま先? 土踏まず? 踵?)」「どの程度前傾姿勢なのか」「体の向きは?(真横? 正面?)」「構えた時のダーツの高さは?(鼻の高さ? 目の高さ? おでこの高さ?)」「テイクバックの幅は?(狭い? 広い?)」利き手と逆の手の位置は?(ウエスト? 腹部? 顔の下?)」などなど、正解と呼べる正解はありません。

利き手・利き足を前に出して立ち、狙い通りのスローができればそれが「正しいフォーム」になるのです。

「プロの真似をする」というのが実は王道かもしれません

自分なりの視点でプロのフォームを自分のものにしてしまうということですが、裏を返せば自分のフォームとよく似たプロが必ずいるはずなので、そのプロの動画を見て研究することが、フォーム完成の近道なのかもしれません。

フォームと同時に完成を目指してほしいのは「投げ方」

フォームが理解できれば、スローラインからターゲットまでダーツを届かせるための力加減が分かってきます。よく「離れた場所からゴミ箱へティッシュを投げる」ということをしたことはありませんか? ボクの中ではダーツをターゲットへ刺すのはゴミをゴミ箱へ投げ入れる感覚に似ています。

力が強すぎるとゴミ箱を飛び越してしまい、力むと腕がブレて外れてしまう


両方に共通することは「どう投げればまっすぐ進むのか」という単純な問いとそれに対する答えです。

その答えは「まっすぐ投げる=ターゲットに対してまっすぐ腕を振る」ということです。何も考えずにゴミを投げたらゴミ箱に入るのに、ダーツを投げたらズレてしまうのは、意識のし過ぎで力みが生じているためです。

ただ執拗に狙うのではなく、「ゴミ箱へポーイ」ぐらいの軽い気持ちでスローして、まずは力みからの開放を目指しましょう。それにこの練習なら職場でも街なかでも、ゴミとゴミ箱があれば出来てしまいます。

「投げ方も完璧なのにどうしてもズレてしまう」という場合は「利き目」の可能性を考えましょう

「手は右利き、足も右利き、でも目は左利き」ということも多々あります(ボクはこのパターンでした)

利き手が右で利き目が左の場合、狙いは右手と左目の真ん中=眉間のあたりになると思います。

なぜなら大半の方は、利き手と肩と利き手側の目が同じ位置に来るようにスタンスを取るのではないかと思います。右手の位置=右肩の位置=右目の位置となるのなら、左目と右目の間にあるのは眉間ということになります。

なので、左目で狙う方は眉間からダーツをリリースするつもりで、かつ右肩はブルの正面の位置で練習しなければなりません。

しかし人間の体は上手くは作られていないため、どうしても右肩の位置=最終的なダーツスローの位置となり、眉間の正面にブルを見据えてしまうと、ほとんどのダーツがブルの右側へヒットしてしまうと思います。そのために立ち位置の工夫が必要になり、スローラインの半分より左側(目安は右足の踵がブルの直線上)に経つことによって、ある程度狙い通りに投げられると思います。

しかしこれらはボク自身の体験談なので、全てのプレイヤーに当てはまることはありません。狙いがどうしても右にずれてしまう時の目安として思い出していただければと思います。

スポンサーリンク