ダーツには様々な持ち方があります。
持ち方の事を総称して「グリップ」と呼びます。
自分にあったグリップを探し、その持ち方で投げることで上達していきます。

では、どんなグリップがあるのか説明します。

スポンサーリンク

グリップで変わるダーツの飛び

何本の指でダーツを投げるかによって、ダーツの手離れ、飛びが変わってきます。

2フィンガー・グリップ

このグリップは2本の指でダーツを持ちます。
親指と人差し指で鉛筆のように握ります。
2フィンガーは、安定性は低いですが、ダーツの手離れはとても良いです。

3フィンガー・グリップ

このグリップは3本の指でダーツを持ちます。
親指と人差し指でダーツを鉛筆のように握り、中指を添えます。
3フィンガーは多くのダーツプレイヤーが使用しています。
安定性、手離れ、どちらかが秀でているわけではありません。
しかし、どちらかに偏っているわけでもないので、馴染みやすいグリップです。

4フィンガー・グリップ

3フィンガーに薬指を添えた形です。
4フィンガーは安定性がとても良いです。
しかし、手離れが悪いといって難点もあります。
支えている指が多いので、リリース時に指が引っかかったりします。
うまくリリースが出来れば、ダーツを安定して飛ばせます。

グリップは十人十色です。
ダーツの飛びをみて、自分にあっているか、そうでないかを見極めましょう。
ダーツがふらついたり、命中率が低い場合はグリップが自分にあっていないのかもしれません。
実際に投げながら、グリップの調整をしましょう。

ダーツの重心をグリップすること

グリップをする場所がダーツの中心です。
シャフトやチップの長さや重さによって、ダーツ全体の重心が少々変わります。
重心の探し方は、人差し指と親指の間にダーツを天秤のようにおきます。
そこでどちらかに傾かない位置を探します。
バランスの取れる位置がダーツ全体の中心です。
ダーツの重心をしっかり確かめながら、自分にあったグリップでダーツを投げることが大切です。

グリップや重心を確かめた上で、リリース時のチェックを行い、そのグリップが自分にあっているかを確かめましょう。
フライトやチップに指が引っかからないように注意しましょう。
自分にあったグリップを探し、上達をしてハイスコアを目指しましょう。

スポンサーリンク