ダーツショップなどに行くと店員さんが一緒にダーツを選んでくれますが、中々店員さんに声がかけられないなどということは多々あると思います。
ダーツショップの店員さんって結構奇抜なファッションされている方も多いですからね(笑)

なので、まずバレルの基本的なことを頭に入れてからお店に行ってみましょう。

ある程度購入するバレルが決まっていると、ネットで購入するのもオススメです。
リアルな店舗よりもかなり安く購入することが出来ますから。

スポンサーリンク

ブラスダーツは避けましょう

ダーツは、大きく分けて2種類あります。
ブラスダーツとタングステンで出来ているダーツです。

ブラスダーツは価格が安いので購入しやすいですが、タングステンで出来ているダーツのほうが初めての方にはダーツが飛ばしやすいです。
ブラスダーツはタングステンに比べて軽いので、力で飛ばす癖がついてしまいます。

また、公式の大会ではタングステンのダーツが主流です。

その為、初めからタングステンのダーツでなじんでおくと後々楽です。

欠点として、家でソフトダーツボードでの練習をするのであれば、タングステンのダーツだと重さがそれなりにあるので、音も大きくなってしまいます。

ソフトダーツボードを家に設置した場合は、タングステンのダーツは外練習用、ブラスダーツは家用という用途で両方用意しておくといいでしょう。
それ以外は、タングステンのバレルを選ぶようにするといいでしょう。

<重さは4種類!スタンダードな重さの16gか18gを選びましょう

タングステンのバレルには4種類の重さがあります。
14g、16g、18g、20gです。

この数グラムの差がダーツには大きく影響します。

ですが、初めてダーツを購入するのであれば16gか18gのバレルをおすすめします。

軽すぎず、重すぎず、ちょうどいいのがこの重さです。

この重さで慣らしてから、もう少し重みが欲しいとか、もう少し軽い方がいいなど自分により合ったバレルが欲しくなります。

そうしたら、他のグラム数のバレルにもチャレンジしてみましょう。初めはスタンダードな16gか18gで慣らしましょう。

様々あるバレルの形!トルピードが手に馴染みやすい!

バレルやフライト・シャフトの新製品に関しての考察でも説明しましたが、バレルには様々な形状があります。

その中でも、有名なのはストレートとトルピードではないかと思います。

初めての方でも手に馴染みやすいのは、トルピードの方です。

ストレートは鉛筆みたいに本当に真っ直ぐなので、綺麗に飛ばせるようになりますがそれまでが結構大変です。
それに比べて、トルピードは前が膨らんでいるので握りやすくて飛ばしやすいです。

初心者にオススメなバレル!

Harrows Girls GOTHIC(ガールズゴシック)



詳細はこちら

これなら、グリップ位置に刻みがしっかりあるので握りやすいです。
また80%タングステン、16gとスタンダードなものです。
Harrowsダーツは価格も他に比べると安価なので初めて購入するには良いダーツです。

Harrows ASSASSIN PLUS スタイルA(ハローズアサシンプラス)



詳細はこちら

初めてダーツを購入したとき、このダーツを購入しました。
刻みもリングカットというもので、それほど指にかからないけれど、グリップ位置は迷わないものです。
そして18gのタングステン製です。
癖のない良いバレルでした。

Harrows VAJRA



詳細はこちら

このダーツのカットもリングカットで刻みは強くありません。
その為、指にはかかりにくいバレルです。
そして、刻みの他にもシャフトとの連結部分が細くなっているので握りこんでも大丈夫なバレルです。

初めてのダーツであれば、安価でしっかりとしたHarrowsがオススメ!

この他にもバレルはたくさんあります。

しかし、初めから高価なバレルを購入して長続きしなかったり、ちょっと合わなかったら失敗した!って思ってしまいますよね。

なので、まずは安価でも定評のあるHarrowsがおすすめです。

出来ればお店で試し投げすることもおすすめします。

スポンサーリンク