ダーツの上達にはまず道具を正しく知ることが大切です。
ひとまとめに、ボードとダーツの矢といっても様々な種類のものがあり、自分に合うものを正しく選んでいくことが大切です。
では、ダーツグッズについておおまかに説明します。

スポンサーリンク

矢となるダーツ

ダーツは4つのパーツから構成されています。
その4つそれぞれを、色んな種類のものに組み合わせることで「自分のダーツ」が出来上がっていくのです。

先端部分から、ティップ(チップ)、バレル、シャフト、フライトとなっており、ボードに刺さる部分がティップです。
それぞれのパーツを簡単に説明していきます。

ティップ

ハードダーツなら金属製でなければなりません。
金属でなければボードに刺さりません。
また、現在主流になっているソフトダーツならプラスティック製が使われています。
プラスティック製のティップの種類は非常に多く、選ぶのに悩みます。
最初であればティップの長さはロングが良いでしょう。
そして折れにくいものを選ぶと全体のバランスが取りやすくなります。

バレル

マイダーツを購入する時になによりも重視するのがバレルです。
バレルは投げるときに、この場所を持つ人が多く、その為色々なカットが入っており滑り止めの役割を果たしています。
また重心というものがバレル自体にもあります。
初めて購入する際は、バレルの中心に重心があるほうが扱いやすいです。

シャフト

バレルとフライトの間を繋ぐのがシャフトといわれる部分です。
投げたときに安定して飛ばすために取り付けるもので、長さ・材質・重さは多種多様です。
一般的に多く使われているのは、プラスティック製のミディアム(長さ)です。
材質が軽いので飛ばしやすいのが利点です。
また長さも中くらいなので、最初はミディをつけ投げ込むうちに色々試したりすることが重要です。

フライト

マイダーツの顔と言ってもいいくらい、カッコイイものからカワイイもの、そしてちょっとふざけやイラストのものなどがあります。
選んでいて一番楽しいパーツかもしれません。
フライトが大きければ大きいほど安定して飛ばせます。
紙飛行機と同じような原理です。
徐々に慣れてきて、「もっとこう飛ばしたい!」というイメージが持てるようになったら段々小さいものに切り替えていくと良いとされています。

これで矢となるダーツの説明はおわりです。
次はボードです。

ボードの種類

ボードはダーツに比べると非常にシンプルです。

ハードボード

木材で出来ており、ティップが金属で、尚且つしっかりとダーツを飛ばせないと刺さりません。
またソフトダーツのボードに比べて、得点の書かれている枠が小さいのも特徴です。
自宅でハードボードを設置して練習されている方も多くいます。

ソフトボード

エレクトリックダーツはソフトボードにあたります。
盤面には無数の穴があいており、プラスティック製のティップが刺さりやすいようになっています。
ソフトボードも製作している会社により、ティップが深く刺さるものや、少し当たっただけでも反応するものなど様々です。
各製品刺さり方が違ったり、刺さったときの音が違うので、それも楽しんでみてください。

ダーツのパーツとひとくくりに言っても、実はざっくりと説明するだけでこれ程数があります。
まずはダーツの4つのパーツを覚えましょう。
そして、投げ込むうちに自分に合ったものを選び、ダーツを上達させてください。

スポンサーリンク