ダーツをやりだしてしばらく経つと誰でもやってみたくなるのがフライトを外して投げることですよね(笑)

試した私も知っているのですが、やってみるときっちりとダーツボードに刺さりません。

飛んでは行くのですが、実際はバレルが回転してしまったり、横向きになってしまったりとほとんど真っすぐ行きません。

いや行くのは行くんですが、ボードに刺さらないのです

このことからもわかるように、ダーツをきちんと狙った所に投げ、しかも真っすぐボードに刺さるにはフライトが重要な役目を持っています。

言いかえれば、フライトによって、飛ぶ軌道も、回転も、スピードも変わってくるということです。

*かなり危険ですので周りに人がいないか、あらぬところに飛んでしまうことがあるのでしっかり確認してから行うようにしてくださいね。

スポンサーリンク

フライトの重要な役目は何でしょう

それは真っすぐに飛ぶために姿勢を制御することにあります。

ゴルフをやっておられる方も知っていると思いますが、ゴルフボールにはディンプルというクレーターがあります。

このクレーター(ディンプル)がないとボールは飛びません

ゴルフメーカーはゴルフボールの素材の研究にも余念がないですが、このディンプルの研究開発にも力を入れています。

それだけ物体が飛んでいくには、空中での姿勢抑制力というのは大きくかかわってくるわけです。

話をダーツのフライトに戻しますが、ダーツの場合はバレル単体での重さも結構ありますし、投げる距離もゴルフよりは圧倒的に短いです。

よって、本当は真っすぐきちんと投げられる人にはフライトの影響力が少ないほうがいいともいえます。

フライトの影響力というのはフライトの面積が大きくなるほど顕著に表れて来るので、一度極端に小さいフライトと、大きいフライトを投げ比べてみて検証してみることをお勧めします。

私の経験談ですが、私は初心者の時から無謀にもずっとスリムのフライトを無意識で使ってきたんですがある時スタンダードのフライトをいただき投げてみると、今までより狙った所に行くのがわかりました。

私の感覚的な感じなんで伝えにくいのですが、無理しなくても自然に軌道がイメージしている曲線になるという感じですか?

伝わりにくいかもしれませんが、言いたいことは、それぞれに合ったフライトを個人が見つけることは、想像以上に、ダーツを上達させる上で大きな効果をもたらすということです。

スポンサーリンク