ダーツには大きく分けると2種類あります。
ハードダーツとソフトダーツです。
世界的にはハードダーツが主流とされています。

それぞれ違いがあるので、自分に合った方を選んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

ソフトダーツの特徴

ソフトダーツはハードに比べると歴史は浅いです。
しかし、得点計算が自動で行えることや、ダーツマシンに様々なゲームがあることからソフトダーツからダーツを始める方が多いようです。
ソフトはプラスティック製のボードを使います。
これは、ビットと呼ばれる穴がたくさん開いており、そこに同じプラスティック製のチップをつけたダーツを投げて、穴に入れて得点となります。
コンピュータ制御によって、当たった位置を自動で感知し、得点計算をしてくれます。
初めてダーツを投げるなら、ソフトの方が断然楽しめると思います。

ハードダーツの特徴

ハードダーツには長い歴史があります。
ボードはサイザル麻から作られたブリッスルボードを使い、チップは金属製のものを使用します。
世界的にはハードダーツが主流として扱われています。
ハードはソフトと違い自動で得点計算などはされません。
その為、自分で01の得点など計算して、アレンジをしていきます。
ソフトからダーツを始めて上達していくほどハードをプレーする方が多いようです。

ハードとソフトの細かな違い

ボードのサイズやスローラインからボードまでの距離が少々違います。

ハードダーツボードが33.528センチ(日本の公式サイズは34センチ)であることに対し、ソフトダーツボードは39.37センチと若干サイズが大きくなっています。
ソフトからハードに転向すると始めはこの的の小ささに慣れるまでが大変と言われています。

またスローラインの距離にも差があります。

ハードは237センチ、ソフトは244センチです。
この数センチがかなり大きく変わってくるので、是非どちらも試してみてください。

ダーツがこれほど人気に手軽に行えるようになったのもエレクトリックダーツのおかげかもしれません。
でも、その元となったハードダーツも味があっていいものです。
自分にあったダーツスタイルを見つけてみてください。

スポンサーリンク