ダーツで最も知られているゲームが、01ゲーム(ゼロ・ワン・ゲーム)です。
これは、ダーツの大会でも正式に採用されているゲームのひとつです。

では、一体01ゲームとはどのようなものなのでしょうか。

ゼロワンの具体的な練習法はこちらで書きました
ゼロワンの戦略~オープンイン・マスターアウト~

スポンサーリンク

数を減らしてピッタリ0点にするゲーム

01ゲームは301点、501点、701点、901点などからスタートされます。
これらを総称して01ゲームと呼んでいます。
ルールは簡単です。

まず始める前にコークといって、先攻・後攻を決めます。
コークは、プレーヤーがお互いにダーツを1本だけ投げ、よりブルに近い人が先攻になります。

あとは1セットずつダーツを投げて、ラウンドを繰り返していきます。
01ゲームでは、ブル(50点)や20のトリプル(60点)を狙い、点数をある一定まで削っていきます。
最終的に持ち点が先に0点になったら、ゲーム終了となります。
しかし、もし減らしすぎて得点がマイナスに入ってしまったらバーストといって、投げる前の点数からやり直しになります。
そして、バーストすると例え3本ダーツを投げていなくてもプレーヤー交代となります。

つまり、持ち点を0点にするには、ある一定の数まで減らしたら、ボードのどこを狙うべきか計算しながらプレーをすることが要求されます。

様々なルール適用がある

01ゲームでも、始めるときや終了時に適用できるルールがあります。
しかし、これは難しいので上級者向けです。
またダーツの大会でも高いレベルだと、このルールが適用されることもあります。

ダブルイン

読んで字の如く、ダーツボードのどこでもいいので、ダブルの枠(一番外の枠)に1本目が刺さったらゲーム開始です。
これは、それぞれのプレーヤーに適用されるので、自分がダブルに入っても、相手のプレーヤーがダブルに入らなければ、相手はゲームスタートができません。

ダブルアウト

終了時に必ずダブルで終わらなければいけないという決まりです。
これは途中で計算を間違えると、後になってダブルアウトするには何点削ればいいのか再計算が必要になります。

マスターアウト

終了時にシングル以外で終わらなければいけないという決まりです。
これは、ダブルでもトリプルで終了してもOKです。

まずは501点からはじめましょう

01ゲームはラウンド数が決まっています。
まずは501点をラウンド数フルに使わずとも終了できるように練習しましょう。
501点が難なく終了出来るようになったら、701点に進んでみましょう。
そして、まずはブルを狙うことです。
的の中心をしっかりと狙えるようになることが大切です。
そして、点数が120点まで減らすことが出来たら、アレンジを考えましょう。
3本の矢を使って、どこを狙って、どうやって終了するかということです。

01ゲームは、上達度だけではなく、試合運びの巧みさも問われるゲームです。
相手へのプレッシャーのかけ方を考えながら投げるのも楽しみのひとつです。
はじめは、難しいように思えますが、慣れてくるととても楽しく試合ができるようになります。
何よりも、ダーツを楽しむことを忘れずに01ゲームに挑戦してみてください。

スポンサーリンク