そもそもダーツが始まったのはいつ頃なのでしょうか。

今でこそ多くの人に楽しまれているダーツですが、昔から娯楽として楽しまれていたでしょうか。

それとも別の何かから派生して出来たものなのでしょうか。

ダーツの歴史を知っておくと、よりダーツが楽しくなりますよ。

スポンサーリンク

的はワインの樽だった!?ダーツの歴史

ダーツが始まったのは、およそ500年前のイギリスだったとされています。

当時は戦争がしばしば起こり、1世紀以上もの長い期間にわたりフランスと争った百年戦争(1337年~1453年)の最中、イギリス軍兵士が的を射抜く余興を始めたことが起源となっているそうです。

それから、弓矢の上達度を示す競技となり、次第にルールなどが決められていきました。

最初は、弓を使って的を射ていたのですが、次第に手で投げるようになり、やがて矢を短くしていったとされています。

またダーツの的も、初めはワインの樽を使っていました。それが輪切りにした木材を使うようになり、木の年輪や乾燥によるひび割れを利用して採点するようになりました。

その後も改良が進み、サイザル麻を加工して作られたブリッスルボードが誕生しました。

1896年にはブライアン・ガムリンによって、的に点数区分をつける方法が考案されました。

また、スタンスや投げ方なども、競技者の上達によっていくつもの方法が考え出されました。

ダーツの原型は、このような経緯で生まれたとされています。

ダーツ界の黒船?エレクトリックダーツの登場

1980年頃、ダーツの歴史にエレクトリックダーツが登場します。

ダーツが競技として、また社交場で人気のゲームとして楽しまれるようになったのは、エレクトリックダーツの影響が大きいとされています。
自動的に得点を計算する機能があることで、誰でも気軽に取り組みやすくなりました。
その為か競技人口が大幅に増えたのもこの頃です。

そして、現在では技能上達を競うダーツの世界大会も開かれるようになっています。
このようにして、ダーツが世界各国へ広まっていきました。

何気なく楽しんでいたダーツにも歴史があります。イギリス軍兵士の余興から始まったダーツ。

お酒を嗜みながらできるダーツは、昔から余興のひとつであり、的もワインの樽であったりとお酒と関わりのある所でダーツが生まれたからかもしれませんね。
色々な進化を経て、今多くの人に楽しまれるダーツが出来上がったのですね。

スポンサーリンク