ダーツには簡単ですが、他のスポーツ同様決まりがいくつかあります。
ダーツはイギリス軍兵士の余興から生まれたというのも納得なほど、マナーを大切にするものです。
上達するためにも、基本ルールをしっかりと身につけましょう。

スポンサーリンク

ダーツの基本ルール

ダーツは、3回投げて1セットとなります。
これをワンスローともいい、例えダーツボードに当たらなかったり、投げてすぐに落ちてしまっても投げなおすことは出来ません。

スローラインを越えてはいけません。
投げる際に、スローラインが定められており、そのラインよりも前に立って投げることは出来ません。
投げる前に、スローラインを毎回確認する癖をしっかりとつけておくといいでしょう。
この癖をつけていないと、上達し、ダーツに慣れ始めたときうっかりラインを越えてしまうということがあります。
ラインを越えてしまったら、どんなに高得点なところに矢が刺さっていても無効となりますので、要注意です。

マナーを大切にすること

ダーツはマナーの競技ともいわれており、非常にマナーを気にしている方が多くいます。
例えば、ふざけていても決してやってはいけないのは、相手のプレイヤーや観客に向かってダーツを投げること。
これは絶対にやってはいけません。
相手がケガをする恐れもあります。

ゲーム中は相手が1セット投げ終わるまでは、静かにするのがマナーです。
1セット投げ終わってから、声をかけましょう。
ダーツの掛け声は様々ですが、「ナイスダーツ」「ナイスファイト」などがあります。
掛け声は、ダーツバーや投げるお店によって微妙に変わってくるので、その場その場に合わせてみてください。

お酒を嗜みながらダーツを楽しむ際は、騒がしくなりすぎないように大声をあげることは控えましょう。
その隣のダーツ台で投げている方への気配りが大切になります。

また他にも相手の気を散らす行為はやめましょう。
投げている方の視界にわざと入ったり、投げる動作に入ったときに物音をたてるなどは悪質な行為とされています。

スポンサーリンク