か行

カウントアップ
最初は各自持ち点から初めて、順番に3投ずつ投げ8ゲームの合計得点を競うダーツゲームの中では最もシンプルで分かりやすいゲーム。理論上8ゲームの最高得点は20のトリプルがすべて入って1440点になります。
初心者を交えてゲームする場合はシンプルですのでお勧めのゲームです。
カット
[クリケットゲーム]において相手の陣地をつぶす行為の事をいう。[クローズ]とも言われている。
カットスロート
[クリケットゲーム]の一種です。3人以上でプレーしますが、一般的には3人でプレーします。最も少ないポイントですべての数字を[クローズ]した選手が勝ちになります。
自分が獲得したナンバーに投げるとその他のプレイヤーに得点が加算されていきます。
カムアウト
[01]などのゲームの最終[スロー]で持ち点をオーバーしてしまう事。0点を超えてしまう事。[バースト]ともいう
ガロン
トーナメント形式の試合で4VS4の大戦で行う事。
キャッチ
自分の意図しないところにダーツが行くが結果として、得点してしまう事。概ね良い結果が出た場合の事をいう。
キル
[クリケットゲーム]などで特定の数字がカウントされなくなっていること。終わった数字の事
クラス
ダーツの腕前、階級、レーティングの事。ダーツでは[フライト]を使う事が多い。ノービス(N)からSAまである。一般的にA以上をAフライトと言い、ゴルフでいうシングルプレイヤーのような存在で上級者の一員。
グランドマスター・ハーフイット
[ハーフイット]で1ラウンドの中で、指定されたターゲットに3マーク以上入れなければ得点が半分になる事をいう。
クリケット
得点エリアの15~20、ブルのエリアを使って競うゲーム。他のエリアに刺さっても得点にはならない。最終的に得点の一番高いプレイヤーの勝ち。
ゲームがシンプルであることから、現在世界中で最もメジャーなゲームになっている。
詳しいクリケットのルール
クリケットカウントアップ
[スタンダードクリケット]の一種。15~20、ブルの7つのターゲットを使って行う。順番に狙っていきターゲットナンバーにスローすると得点になる。
クリケットナンバー
[クリケット]で使用するターゲットナンバーの事。通常は15~20、ブルの7つのエリアを指す。
グリップ
ダーツの矢を持つこと。3本の指で持つことを3フィンガーと言い。以下フォーフィンガーファイブフィンガー、ツーフィンガーもある。一番の基礎になるところなので、プロでも日々改良を重ねる。
グルーピング
ダーツで3頭の矢を同じエリア、もしくは近いエリアに集める事をいう。ダーツの上達のためには欠かせない技術
クローズ
[クリケットゲーム]において相手の陣地をつぶす行為の事をいう。[キル]とも言われている。
ゲームショット
最後に投げるダーツでその1投で勝つこと
コイントス
ゲームの前にコインを投げてお互いに裏表どちらが出るか当て、先行、後攻を決める行為の事。ダーツのほかにもサッカーなど様々なゲームで使われる
コーク
[コイントス]の代わりにプレイヤーが交互にブルに向かって投げ、より中心に近い選手が選べる。
ゴールデンダーツ
[ハットトリック]の中でも20のトリプルに3本続けて刺さること。